神戸福原食べ歩き紀行

神戸の下町で愛されている洋食屋さん。 味の決め手は名物のデミグラスソースにあり!! 兵庫区荒田「洋食 赤ちゃん」

2017年1月8日

神戸と言えば洋食!!港街で昔から外人さんが多かったので洋食文化が根付いているのです!!
はい!そうです今回も洋食店をご紹介します(。・Д・)ゞ前回の「グリル一平さん」同様、地元神戸っ子に昔から愛されて老舗洋食店「洋食 赤ちゃん」です。神戸っ子で洋食好きなら欠かせないという、老舗の洋食屋さんなのですが、神戸っ子では無い私は当然知らずに行きました(/ω\)

 

場所は神鉄「湊川」地下鉄「湊川公園」各駅を降りて、パークタウン入口にある「マクドナルド」の真横です。

 

天使がフォークを持ってい絵が描かれた可愛らしい赤いのれんをくぐると、少し狭めですが15席ほどの店内が現れます。

 


行った時間は一般的な昼休みから少しずれていたのですが入れ替わりで入店してきて
まったく途切れず席が常に埋まっていてさすが老舗のお店というところです。

 

 

今回「ポークチャップ」を注文したのですが、周りがポークチャップを食べていたのでつられて注文してしまいました!!ライスも大・中・小とあったので食べ盛りな私は中を頼みました。
大にしなかったのは些細な抵抗でございます・・・。
昔ながらの常連さんも多いようで、店員が注文を取る時も「今日は 何にしますか」であったり「チキンカツでよかったよね」と客を覚えていてしっかり対応していました。
こういうところに人気の秘密があるかもですね。

 

 

そうしていると、来ました!ポークチャップとライス!!
わかりづらいですがライス、中を頼んだのに他の店舗の倍ほどの量で出てきて一瞬「大の間違いでは?」と思ってしまいました!!後から知ったのですが、小が他所の店舗の普通の量らしいです。知らずに行ったらあわてます。下調べって大切ですね。些細な抵抗をしてライス中にして良かったと自分を褒めてあげましたよ~。

 

 

 

 

 

ポークチャップにかかっているデミグラスソースはすごくまろやかで、しかもごはんにも合う!
大盛りだったライスもどんどんなくなっていきます。
このデミソースは赤ちゃんの洋食にほぼ使われているらしく、これを目的に皆さんが食べに来店られる理由がよく解りました!!絶品のデミソースは味わう価値ありです。

 

そして、特に美味しかったのが、豚肉の脂身の部分!まろやかデミソースにくるまれて全然油っぽさはなく、しかも溶けるように口の中から消えていきます。

ごはんとお肉のバランスを取りながら食べ進めるのが少し難しかったですが、最後は苦しいくらいの満腹感と満足感でした。

 

 

 

 

 


 

Shop Data

 

店名 : 洋食 赤ちゃん
住所 : 神戸市兵庫区荒田町1-15-4
☎ : 078-511-0477
営業時間 : [月・火・木・金]11:30~16:00 [土・日]11:30~19:00 (L.O 18:45)
定休日 : 水曜日
アクセス : 福原桜筋を山側まで歩き「パークタウン」へ信号を渡り「パークタウン」入口のマクドナルド横になります。